スポンサーリンク

『シュメル――人類最古の文明 (中公新書)』 小林 登志子 著

アラビア半島とイラン高原とをつなぐ一帯はメソポタミアと呼ばれる。メソポタミアはティグリス川とユーフラテス川という二つの川に挟まれて古くから人類が定住するようになり、ここに人類最初の文明、メソポタミア文明が起こった。そのメソポタミア文明の最初の担い手となったシュメル人の姿をわかりやすくまとめた一般向け入門書のスタンダードとなっているのが本書である。

メソポタミア地方に人類が最初に定住したのは前5000年頃という。ウバイド文化期と呼ばれるこの時代はウバイド、エリドゥなどを中心として前3500年頃まで続いた後、ウルクへとその中心が移り支配階級や職業の分業、巨大神殿などが生まれてウルク文化期(前3500~3100年頃)を迎える。ウバイド文化の担い手は不明だが、このウルク文化の担い手となったのがシュメル人であった。以後、都市国家が栄えたジュムデト・ナスル期(前3100~3000年頃)を経て、シュメル初期王朝(前2900~2335年)、アッカド人によるメソポタミア初の統一王朝アッカド王朝時代(前2334~2154年)、シュメル人による統一王朝ウル第三王朝時代(前2112~2004年)と続いて、シュメル人の時代は終焉を迎える。この前2004年までのシュメル人によって生み出された様々な文明の全体像が描かれている。

スポンサーリンク

「シュメル」と「シュメール」

ところで一般的には「シュメール」表記されるのが通例だが、この「シュメール」と「シュメル」の表記の違いについて、著者は以下のように指摘している。

『なお、我が国では「シュメル」ではなく、「シュメール」と「長音記号」を入れて表記されることが多いが、これには理由がある。第二次世界大戦中に「高天原はバビロニアにあった」とか、天皇のことを「すめらみこと」というが、それは「シュメルのみこと」であるといった俗説が横行した。そこで、我が国におけるシュメル学の先達であった中原与茂九郎先生(京都大学名誉教授)が混同されないように音引きを入れて、「シュメール」と表記された。(中略)こうした事情をふまえて、本書では「シュメール」よりも、「シュメル」の方がアッカド語の原音に近い表記であり、「シュメル」を採用した。』(はじめにより)

学校教科書や概説書だと「シュメール」が多いが、専門書だと「シュメル」もよく見られるように思う。手元の書籍だと『世界の歴史1 人類の起源と古代オリエント(中公文庫)』(中央公論新社,2000年,原著1998年)や世界史用語集・山川世界史小辞典などは「シュメール」、小川英雄著『古代オリエントの歴史』(慶應義塾大学出版会,2011年)は「シュメル」となっている。ちなみに本書がシュメルに焦点を当てているのに対して、両著とも古代オリエント史全体を含むので流れを理解する上で一緒に読むとより理解が深まる。

文字の誕生

著者が『現代社会の起源というべきシュメル人の世界』(282頁)と言うように、シュメル人の時代に人類の文明社会に欠かせない様々なものが生まれたが、その中でも最大の発明が文字であった。本書の第一章で、メソポタミア各地で多数出土している幾何学系の小型粘土製品「トークン」とこれが入った粘土製球「ブッラ」が家畜や農作物の管理・記録のために発明され、後に交易を通じて最初の文字であるウルク古拙文字へと発展していく過程がデニス・シュマント=ベッセラの説を元にわかりやすく説明され、人類初の文字の誕生について詳述されている。

わかりやすくいうと家畜や穀物がどれだけあるか把握できないのでトークンを作ってブッラに押すことで羊が何匹などと管理しやすくしていたものが、契約や取引に際して使われるようになると、いちいちトークン作ってスタンプを押すのも手間なので、代わりに同じ形をサインで済ませるようになった、という流れなのだが、確かに利便性の追求と手続きの簡素化は発明の母だなと思わされる。

本書の参照元でもあるデニス・シュマント=ベッセラの説については日本語訳が出ているのでそちらも読むと面白いだろう。

前3200年ごろに誕生したウルク古拙文字は、前2500年頃、楔形文字として整理され、シュメル語が誕生する。このシュメル文字はアッカド人による統一王朝下でアッカド語に借用され、以後エラム語、古代ペルシア語、ヒッタイト語、ウガリト語など様々な言語に借用されて広まった。しかし楔形文字は前1200年頃の「海の民」の侵攻によって絶え、代わってエジプトのヒエログリフの影響を受けて誕生したフェニキア文字が古代ギリシア世界へと伝播して現代のアルファベットとなっていく。

シュメル史へいざなう入門書

他、本書ではシュメルの農業や豊穣の儀式、日本のはんこ文化にも例えられている円筒印章、表面にモザイク画がほどこされた箱状の工芸品「ウルのスタンダード」から見る戦争の様子、『ウルナンム「法典」』など法制度、統一王朝を築いたアッカドのサルゴン王の事績、そのサルゴン王の王女エンヘドゥアンナをはじめとする文学の誕生と学校・教育制度、シュメル神話の世界、そしてウル第三王朝の興亡などが紹介されている。

そして、アッシリア帝国のアッシュルバニパル王が収集した「アッシュルバニパル王の図書館」から出土した粘土板の解読から始まる「アッシリア学」=メソポタミア史研究の誕生へと至る終章によって「我々の探求はこれからだエンド」で締められているのが美しい。

世界史の始まりであるシュメル史の概説書として、また、読者をシュメル史探求の始まりへと誘う入門書として、実に綺麗にまとまった一冊となっている。

本書の目次
はしがき 三笠宮崇仁
はじめに
序章 むかしイラクは・・・・・・ メソポタミアの風土
第一章 文字はシュメルに始まる 楔形文字の誕生
第二章 「ウルク出土の大杯」が表す豊穣の風景 努力の賜物
第三章 元祖「はんこ社会」 目で見るシュメル社会
第四章 シュメル版合戦絵巻 都市国家間の戦争
第五章 「母に子を戻す」 「徳政」と法の起源
第六章 「真の王」サルゴン 最古の国際社会
第七章 最古の文学者エンヘドゥアンナ王女 読み書きと学校
第八章 紹介する神 神々の世界
第九章 「バベルの塔」を修復する王 統一国家形成と滅亡
終章 ペンを携帯した王 シュメル文化の継承
あとがき

Kousyou

「Call of History ー歴史の呼び声ー」管理者。個人ブログはKousyoublog。英独仏関係史、欧州中世史、近世日本社会史、鎌倉幕府史などに興味があります。

運営資金支援のお願い~「Call of History ー歴史の呼び声ー」実績とこれから

サイト運営継続のため、ご支援いただけると本当に助かります。

「Call of History ー歴史の呼び声ー」をフォローする
アジア史(書籍)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
「Call of History ー歴史の呼び声ー」をフォローする
スポンサーリンク
Call of History ー歴史の呼び声ー
タイトルとURLをコピーしました