エドワード証聖王の時代~アングロ・サクソン王権の再興と終焉

スポンサーリンク

エドワード証聖王(” Edward the Confessor “、1003年頃生~1066年没)はウェセックス朝イングランド王(在位1042年6月8日~1066年1月5日)。父はイングランド王エセルレッド2世、母はノルマンディ公リシャール1世の娘エマ。その強い信仰心と敬虔な振る舞いからカトリックの称号である「証聖者(” The Confessor ”)」の異名を受け証聖王と呼ばれた。(注1)

デーン朝(北海帝国)最後の王ハーデクヌーズの後を継いでアングロ・サクソン系王朝を復興させたが、後継者無く死んだため、王位を巡って義弟ハロルド・ゴドウィンソン(イングランド王ハロルド2世)、ノルマンディ公ギョーム2世(後のイングランド王ウィリアム1世)、ノルウェー王ハーラル3世の三人が争うことになった。

十一世紀ノルマン朝成立までのイングランド王略系図

十一世紀ノルマン朝成立までのイングランド王略系図

スポンサーリンク

アングロ・サクソン王権の衰退とデーン人の北海帝国

1002年、デーン人の侵攻で劣勢に立たされていたイングランド王エゼルレッド2世は対抗してノルマンディ公に接近、ノルマンディ公リシャール2世の妹エマを妃に迎え、二人の間に長子アルフレッド、次子エドワードが生まれた。しかしデーン人の猛攻の前に、1013年、首都ロンドンが陥落してエゼルレッド2世と家族はノルマンディに逃亡、デンマーク王スヴェン1世がイングランド王に即位した。しかし、翌1014年、スヴェン1世が病死すると、エゼルレッド2世が反撃に出て王位に復帰するものの、1016年、エゼルレッド2世が病死するとエゼルレッド2世と前妃エルフギーフ・オブ・ヨークとの間の子エドマンドがエドマンド2世として即位し、スヴェン1世の子クヌートとの戦いに臨むが大敗(アシンドンの戦い)、両者の間でイングランドの領土分割が取り決められ、その直後、エドマンド2世が病没して、クヌートは全イングランドの王として即位した(北海帝国)。

クヌート(大王、在位1016~35)にはすでにエルフギーフ・オブ・サウサンプトンという妃がいたが、イングランド王位継承の正統性を強化するべく、エゼルレッド2世の妃だったエマとも結婚した。エルフギーフ妃との間にスヴェンとハロルドの二人の男子、エマ妃との間にハーデクヌーズと娘グンヒルドが生まれ、ハーデクヌーズが王太子とされたが、クヌート死後の継承争いの原因となる。

1035年、クヌートが亡くなったとき、王太子ハーデクヌーズはデンマークでノルウェー王マグヌスと対峙している最中で、その間隙をぬってノルマンディに亡命していたエゼルレッド2世の遺児アルフレッドとエドワードが王位奪還のためイングランドへ侵攻してくる。しかし、イングランド南岸を支配するゴドウィン伯によってアルフレッドは殺害され、エドワードもノルマンディへの撤退を余儀なくされた。これによって彼らの母でもあるエマ妃は追放され、エルフギーフ妃の子ハロルドがハロルド1世(在位1035~40)として即位した。ハロルド1世の死後ハーデクヌーズ(在位1040~42)が王位を継いだが、結局後継者無く北海帝国は瓦解した。

エドワードの即位

エドワードの幼少期のエピソードは数少ない。前述の通り1013年のロンドン陥落以後ノルマンディに亡命していたが、アングロ・サクソン年代記によれば、翌1014年、エゼルレッド2世の王位復帰に際してエドワードが護衛とともに父王に先立ってイングランドに上陸、父王からの宣言を布告する役目を負った。

アングロ・サクソン年代記1014年の条より
『そこで、王は、息子のエドワードを、使者とともに、そこに送り、全国民にあいさつすることを命じ、彼らにとって慈悲深い王でありたい、国民全部がきらうことはすべて改めていきたい、国民全員が一致して、反逆することなく、王に服従することを条件として、彼らがしたこと、いったことはすべて許されるといった。それから、双方の側の誓言と誓約によって、完全な友好関係が確認され、デーン人の王はすべて、イギリスから、永久に、法外者として追放されることが宣言された。』(大沢168頁)

結局、1016年、父王の死とクヌートの侵攻によって再亡命を余儀なくされる。

以来、母の故郷であるノルマンディで亡命生活を送り、1035年のクヌート大王死後のイングランド侵攻には失敗して兄アルフレッドを亡くしたエドワードだったが、母を同じくするハーデクヌーズが即位すると、両者の間には融和がもたらされた。1041年、ハーデクヌーズの招きによりエドワードはイングランドへ帰国を果たし、翌1042年6月8日、ハーデクヌーズが亡くなると、イングランド王に即位した。

ゴドウィン家の台頭

サセックスの一領主(セイン)に過ぎなかったゴドウィンはクヌートが即位したころから歴史の表舞台に登場してくる。婚姻によってクヌート大王の遠縁となるとサセックス地方を勢力下に治め、さらにウェセックス、ケントと、ほぼハンバー川以南を支配するようになった。クヌート大王はイングランドを統治するにあたって全土をノーサンブリア、マーシア、イースト・アングリア、ウェセックスに四分割して四人の新貴族を伯に任じたが、その四大貴族の一人としてゴドウィンはイングランド南部ウェセックス・サセックス・ケント一帯を伯として治め、後にイースト・アングリアもその支配下に置いている。

エドワード即位後もその影響力は強大で、エドワードにとって兄アルフレッドを殺した憎むべき相手であったが、彼の娘エディスを妃とするなどその協力を仰がざるを得なかった。エドワード初期の治世はノルマンディ時代からの家臣団に支えられつつ、ゴドウィン伯、ノーサンブリアを治めるシワード伯、マーシアを治めるレオフリック伯の三大貴族の均衡の上に成り立っていたが、ゴドウィン伯の力は増す一方であった。

1051年の政変

1050年10月29日、カンタベリー大司教エアドシージが亡くなると、エドワード王はゴドウィン伯の近親者エセルリックの就任を拒否してロンドン司教ロバートを任命、両者の対立が表面化した。

1051年9月、エドワード王の義弟ブーローニュ伯ユースタス2世が王との会談のためにイングランドを訪れゴドウィン伯領ドーヴァーに滞在した際、現地住民とトラブルとなりブーローニュ伯の家臣が殺害される事件が起きた。報告を受けたエドワード王はゴドウィン伯に対しドーヴァーの鎮定を命じるとともに軍を招集、ノーサンブリアのシワード伯、マーシアのレオフリック伯の二大貴族も王の下に参集してゴドウィン伯と一触即発の危機に陥った。続いてゴドウィン伯の長子スウェインの追放を宣言し、ゴドウィン伯・次子ハロルドの出頭を命じる。形勢不利と見たゴドウィン家の一門はイングランドを脱出してゴドウィン伯と長子スウェインはフランドルへ、次子ハロルドはアイルランドへ、など諸国へ亡命を余儀なくされ、ひとまずゴドウィン一門排除のクーデターが成功したのである。

ゴドウィン一門の追放後、エドワード王はゴドウィン伯の娘である王妃エディスをウィルトン女子修道院に幽閉、亡命時代からのノルマンディ出身貴族を多く登用して王権を強化したが、そのような中で1052年3月、エドワード王の強力な後ろ盾であった母后エマが亡くなると、ゴドウィン派の巻き返しが始まる。

1052年9月、フランドルから密かにイングランドへ上陸したゴドウィンと、アイルランドから船団を編成してきたハロルドが合流して、イングランド南岸の旧ゴドウィン伯支配下の諸都市を次々と臣従させてまわり、ロンドンへと向かう。一方、ゴドウィン伯を補足するべくエドワード王も船団を編成して捜索を命じるが一向に見つけることができないまま、9月14日、ゴドウィン船団はロンドンに姿を現し、テムズ河北岸に軍を展開して戦闘態勢をとった。結局エドワード王とゴドウィン伯との和解が成立してゴドウィン一門は復権、一方で、エドワード王支持派は失脚を余儀なくされた。

この政変でカンタベリー大司教ロバートが追放されてゴドウィン派の司教スティガンドが任命されるが、この追放は後にノルマン・コンクェストの遠因の一つになった。ロバートは解任を不当として教皇に訴え、この訴えを教皇も認めて厳しく批判する。1066年、ローマ教皇はイングランドの教会改革を大義名分としてノルマンディ公ギョーム2世(ウィリアム1世)のイングランド侵攻を後押しすることになるのである。

エドワード=ハロルド体制

1053年4月、ゴドウィン伯はエドワード王との会食中に倒れて死去するが、家督を継いだハロルドによってゴドウィン家の権力は強化された。1055年、シワード伯が亡くなるとノーサンブリアはゴドウィン一門のトスティに与えられた。同年、マーシアの伯レオフリックの子エルフガが謀叛の疑いで追放処分となり失脚。彼の旧領であったイースト・アングリアはやはりハロルドの弟ギリスに与えられた。エルフガはアイルランドに逃れて翌年復権を果たすが、すぐにまた宮廷を追われ、1057年、エルフガの父マーシアの伯レオフリックが死去して伯位を継ぎ、以後、ウェールズとの協力関係を築いてゴドウィン一門と戦闘を繰り返した。

ゴドウィン家の復権後、前述の通りイングランド中央部マーシアはゴドウィン家との対立が続いて王権から離反し、イングランド北部ノーサンブリアもトスティの支配に抵抗して、スコットランド王の介入も重なり安定を見ず――1065年のノーサンブリア反乱でのハロルドの対応への不満がトスティを離反させることになる――、という状態ではあったが、エドワード王は権力基盤をゴドウィン家との協力関係の上に置いて、ゴドウィン家の支配下にあったハンバー川以南、旧ウェセックス王国地域を事実上の支配領域とすることで王権は一定の安定をみることになった。

『レオフリックが亡くなった1057年以降の王国統治は、エドワード王とハロルドを中心とするゴドウィン家の連携によって維持されていった。しかし、これによって、マーシア、ノーサンブリア地域とのあいだに、大きな亀裂が生まれ始めたのである、これは統合王権のもろさを露呈していた。王権の下達文書である令状は、ハンバ川の北にはほとんど届かず、イースト・アングリアとマーシアを含む旧ウェセックス王国領域を中心に発給された。宮廷の移動範囲もそれにほぼ重なるものである。
1066年にウィリアムが対峙したのは、実質的には「ウェセックス」の王であった。』(鶴島233-234頁)

エドワード証聖王の死と死後の崇拝

1066年1月5日、エドワード王は亡くなり、前年、自身が創建したウェストミンスター寺院に葬られた。1157年、ハンガリーに亡命していたエドマンド2世の遺児エドワード・アシリングを後継者として呼び戻したが帰国直後に亡くなり、その遺児エドガーはまだ若かったため、彼が死の直前に後継者に指名したのは義弟ハロルド・ゴドウィンソンであった。生前、ノルマンディ公ギョーム2世に後継を約束したという説もあるが確かなものではない。ハロルド・ゴドウィンソンの後継によって、王位継承の争いが勃発することになる。

詩情たっぷりにその死を悼むアングロ・サクソン年代記をはじめ、エドワード証聖王の同時代人からの評価は非常に高いが、それ以上に後世の歴代イングランド王も彼への敬意が強く、ヘンリ3世はエドワード証聖王に憧れてウェストミンスター寺院の大改築に乗り出している。また、史上名高いマグナ・カルタ(大憲章、1213年)は諸侯がジョン王に対してエドワード証聖王の法とヘンリ1世の戴冠憲章の確認を求めて起こしたものであった。

「エドワード証聖王の法」はウィリアム1世>ウィリアム1世が征服王権を創始するに際して、エドワード証聖王時代の統治やアングロ・サクソン系住民に対する法の継承を行うことで自身の王権の正統性としたもので、「ノルマン人の征服」に際して多くの大陸型の手法が導入されたが、一方で財政・文書行政に関してはエドワード証聖王時代に確立された統治機構の方が秀でていたので、これを受け継いでいる。ヘンリ1世ヘンリ2世も同様に王権確立に際してエドワード証聖王の統治の継承を宣言しており、ヘンリ2世時代には「エドワード証聖王の法」の校訂本が書かれている。

中世のイングランド王権において彼の統治は範とされ、王権の守護者として信仰の対象にすらなっていたが、十六世紀にイングランドはカトリックからプロテスタントへと変わり、清教徒革命でクロムウェルがウェストミンスター寺院に置かれたエドワード証聖王の戴冠式の遺物を破壊するなど、強烈な反動を経て、近世以降忘れ去られることになった。

エドワード証聖王は無能ではない

近年、エドワード証聖王について信仰に没頭するあまり政治を顧みない無能な王といったイメージがあるが(注2)、彼の事績を見る限り、ゴドウィン家との対立から協調への流れやその後の多くの内政文書が残されている点などを鑑みても、政治には積極的に関与して、王権の強化に乗り出し、家臣団を編成し、諸侯を動かし、と無能でも怠惰でもない。当然、限界はあってそれがゴドウィン家の権勢であったり、諸貴族の統制であったり、脆弱な王権であったりした。人々が「有能な王」として期待するような英雄的な卓越した手腕は確かに無いのかもしれないが、実直な人物という印象が強く、貶められるようなものではないように思われる。中世イングランド王権のように崇め奉る必要はないにしても、無能だ怠惰だと批判するのは流石に通俗的にすぎるのではないか。

しかし、後継者を残さなかった点は、確かに批判はやむを得ないところだろうが、10台前半から40歳近くまで亡命生活を余儀なくされ、ようやく結婚したのは四十代前半、しかも王妃エディスはかなり気が強い性格であったらしく、後に幽閉に追い込むなど夫婦仲は悪かったし、ゴドウィン家という専横欲しい侭にする権門の娘ゆえに、外戚の伸長など色々思うところがあったのかもしれない。

脚注

注1)異名について、定訳の懺悔王はConfessionの日本語訳が懺悔・告解であるところからの直訳だが、彼の異名の由来はカトリック教会において聖人に与えられる称号の一つ「証聖者 ” Confessor ”」に由来する。「証聖者」とは『死ぬことはなくともさまざまな困難の中、イエス・キリストに対する信仰を宣言し続けた』(尊者・福者・聖人とは? | カトリック中央協議会)者に送られる称号で、1161年2月9日、エドワード王はヘンリ2世の働きかけにより、教皇アレクサンデル3世によって「証聖者」に列聖された。ゆえに、懺悔王・告解王ではなく証聖王の方が適切な訳であると思われる。

注2)例えばwikipediaの「エドワード懺悔王」のページは『エドワードは支配者というよりは、心情としては修道士で、柔弱と無為無策ぶりでサクソン国家を定着させる機会を逸し』(2019年3月16日閲覧)と厳しい。エドワード王が「心情として修道士」なのは確かだが、上記の通りカンタベリー大司教任命問題やその後のゴドウィン一門追放などかなり強硬な姿勢を見せているし、家臣団の編成や、統治機構の整備などの内政面はもちろん、ハロルドとの協調関係で積極的に司教・伯人事にも介入して王権の確立に積極的であった点でも「無為無策」からは遠い。修道士的心情の王は案外働き者が多く、例えばヘンリ2世と激しく争ったフランス王ルイ7世やヨーロッパの協調体制を築き十字軍を率いたルイ9世が挙げられよう。

参考文献・リンク

・青山吉信・飯島啓三・永井一郎・城戸毅編著『イギリス史〈1〉先史~中世 (世界歴史大系)』山川出版社,1991年)
・鶴島博和著『バイユーの綴織(タペストリ)を読む―中世のイングランドと環海峡世界』山川出版社,2015年
・近藤和彦編著『イギリス史研究入門』(山川出版社,2010年)
・森護著『英国王室史話』(大修館書店,1986年)
・森護著『英国王室史事典』(大修館書店,1994年)
・大沢一雄著『アングロ・サクソン年代記』(朝日出版社,2012年)
・バーバラ・ハーヴェー編(鶴島博和監修・吉武憲司監訳)『オックスフォード ブリテン諸島の歴史〈4〉 12・13世紀 1066年~1280年頃』慶應義塾大学出版会,2012年)
Edward the Confessor – Wikipedia
尊者・福者・聖人とは? | カトリック中央協議会

Kousyou

「Call of History ー歴史の呼び声ー」管理者。個人ブログはKousyoublog。英独仏関係史、欧州中世史、近世日本社会史、鎌倉幕府史などに興味があります。

記事更新の参考文献としてほしい歴史書リストを公開しました。もしお送りいただければこのサイトの内容充実に反映させていきたいと思います。

http://amzn.asia/6Dvfkkx

文庫、新書、一般書、専門書と世界史から日本史までかなりの数リストにしたので、案外、眺めるだけでも楽しめるのではとも思います。

Kousyouをフォローする
ヨーロッパ史
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
Call of History ー歴史の呼び声ー