『図説 メソポタミア文明 (ふくろうの本) 』前川 和也 編著

スポンサーリンク

他の多くのメソポタミア史の入門書と同様、都市国家の勃興からヘレニズム文化のはじまりまでの通史がコンパクトにまとまっているが、カラー図版の豊富さで知られるふくろうの本シリーズだけに本書もメソポタミアの様々な遺物や芸術・工芸品・歴史についての写真や図表が多く掲載されているのが特徴である。

特に冒頭で「ウルクの大杯」について様々な写真とともに詳述されているのはうれしい。「ウルクの大杯」は以前紹介した小林 登志子 著『シュメル――人類最古の文明 (中公新書)』でも一章裂いて解説がされているが、高さ1.1メートルにおよぶアラバスター製の容器で、ウルクの最高神イナンナの神殿への献納品として、メソポタミア文明の最初期にあたるジュムデト・ナスル期(前3100年~前2900年)に作られた。非常に精密な装飾がほどこされており、当時の文化水準の高さを示すものであり、また、ウルクを中心としてメソポタミア文明が勃興したことを踏まえると、「メソポタミア文明成立の記念碑」(11頁)ともいえる傑作だが、果たして何が描かれているのか諸説あり、その解説が豊富な写真とともになされている。

また、この「ウルクの大杯」は1933~34年に発掘され、後にイラク博物館に収蔵されていたが、2003年3月からのイラク戦争で米軍が空爆を開始した直後の4月、略奪者によって台座が破壊されて持ち去られてしまった。2006年になってイラク博物館に戻されたが、せこれまで幾度となく繰り返されてきた戦争で歴史的遺産が脅かされる新しい例のひとつとなった。

また、コラムとして面白いエピソードも多く紹介されている。例えば推理作家として名高いアガサ・クリスティとメソポタミア考古学の縁である。クリスティは最初の夫アーチボルド・クリスティと離婚後、14歳年下の考古学者マックス・マローワンと再婚して、アッシリアでの発掘などにも参加、後に「メソポタミアの殺人」などメソポタミア文明にまつわる作品を発表したり、第二次大戦後も積極的に発掘作業などに参加、出土品の整理などに貢献したという。

非常にコンパクトにメソポタミア史の全体像を一望できて非常に有用だが、著者が指摘する通り、メソポタミア研究の特徴として『微細なことまでわかっている分野と、探求が不可能な分野とが共存している、だからメソポタミア史は異なる時代、異なる地域の資料群から得られる証拠のパッチワーク』(124頁)という点があり、メソポタミア史の本を読んだときに感じる。「わからなさ」が「わかる」感慨を覚えさせられ、メソポタミアに限らない歴史の面白さを再確認できる。

実際都市国家草創期のことはほとんどわからない。あれだけ有名なギルガメシュだって同時代史料の無さから実在の人物かどうかすら全く分からない。以前は実在していた可能性が高いと言われていたが最近の研究動向はむしろ実在に否定的な意見が多くみられるようになってきている。そもそもこれだけ高度な都市文明を築いたシュメール人がどこからきて、どこへ行ったのかも謎のままだ。

それこそが面白い、と本書の様々な美麗な写真とまとまった通史を読みながら、あらためて思えるののである。

本書の目次は以下の通り。

メソポタミア文明 関連地図・略年表
「ウルクの大杯」を読む 文明成立の宣言
I 歴史をたどる 都市文明へ
1村から町へ、そして都市へ
2シュメール都市国家の繁栄
コラム アガサ・クリスティとメソポタミア考古学
3アッカド王朝とウル第三王朝
4古バビロニア時代
5周辺の民俗と国家
コラム 「楔形文字」文字記録のシステムと展開
コラム 円筒印章 多くを語る、粘土板に押印された印章図像
II 時代を知る 農耕と牧畜・神と王権
1メソポタミアの農業
2メソポタミアの牧畜
3神と王権――古代メソポタミアの「棒と輪」図像
4神殿・ジッグラト
5神々と人間
III 帝国の興亡 新アッシリア帝国の隆盛と滅亡
文明の探求 パッチワークとしてのメソポタミア史

『シュメル――人類最古の文明 (中公新書)』 小林 登志子 著
アラビア半島とイラン高原とをつなぐ一帯はメソポタミアと呼ばれる。メソポタミアはティグリス川とユーフラテス川という二つの川に挟まれて古くから人類が定住するようになり、ここに人類最初の文明、メソポタミア文明が起こった。そのメソポタミア文明の最初...
『シュメル神話の世界―粘土板に刻まれた最古のロマン』岡田明子,小林登志子 著
現代より遡ること5000年。紀元前3000年頃、ティグリス川とユーフラテス川に挟まれたメソポタミア地方で人類最古の都市文明を築いたシュメル人が信じた神々とその神話がどのようなものであったか。後世、多くの神話に影響を与えたと思われる洪水神話、...
『古代オリエントの歴史(慶応義塾大学出版会)』小川英雄 著
新石器時代からキリスト教の成立直前、紀元前八〇〇〇年頃から紀元元年までの古代オリエント史を概観する入門書である。全体で150ページ程とコンパクトなサイズで、教科書や本格的な概説書などの副読本として丁度いい。 本書が対象としているオリエ...
『古代エジプト 失われた世界の解読 (講談社学術文庫)』笈川博一 著
紀元前三千年頃から紀元前332年のアレクサンドロス大王による征服まで、表題通り、古代エジプト史の概説書である。第一章ではエジプトの地勢や文明を成立させた諸条件を、第二章では三十一の王朝の興亡を概観する。第三章ではエジプトの宗教や神話、第四章...
『図説 古代文字入門 (ふくろうの本)』大城 道則 編著
歴史上の様々な古代文字の中から主要な十三種類について、それぞれ専門分野としている研究者を執筆者として「ふくろうの本」シリーズらしい豊富な図版で解説した入門書。編著者はお馴染み古代エジプト史の良書を次々世に送り出してくれている大城道則氏。コン...
Kousyou

「Call of History ー歴史の呼び声ー」管理者。個人ブログはKousyoublog。英独仏関係史、欧州中世史、近世日本社会史、鎌倉幕府史などに興味があります。

記事更新の参考文献としてほしい歴史書リストを公開しました。もしお送りいただければこのサイトの内容充実に反映させていきたいと思います。

http://amzn.asia/6Dvfkkx

文庫、新書、一般書、専門書と世界史から日本史までかなりの数リストにしたので、案外、眺めるだけでも楽しめるのではとも思います。

Kousyouをフォローする
アジア史(書籍)
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
Call of History ー歴史の呼び声ー