スポンサーリンク

「ワット・タイラーの乱(1381年)」は何故起こったのか?

「ワット・タイラーの乱」は1381年6月、イングランド王国で人頭税導入に反対してワット・タイラー、ジョン・ポールらに率いられた農民たちが蜂起した事件。

スポンサーリンク

百年戦争下の財政危機

1337年、イングランド王のフランス側領地アキテーヌ公領の臣従礼を巡る対立から始まった百年戦争は序盤こそイングランド王エドワード3世とその子エドワード黒太子の活躍で優位に進めたものの、1370年代に入ると、フランス王シャルル5世と名将ベルトラン・デュ・ゲクラン元帥の活躍で征服地のほとんどを喪失する一方、戦費ばかりが増大してイングランド王国は財政危機に瀕していた。

エドワード3世は百年戦争の戦費を度重なる臨時課税と羊毛取引の際の関税、および大商人からの借入に頼っていたが、治世末期の財政・政治危機はこれらが限界を迎えたことにあった。1375年に英仏間で休戦が結ばれたものの休戦明けにはカスティーリャの参戦など軍事情勢の悪化が著しく、戦時体制確立のため行政機構は大きくならざるを得ず、また愛妾アリス・ペラーズへの浪費など、宮廷費も拡大していた。羊毛生産は1370年代に入って大きく減少傾向を示していたから、自ずとさらなる重税を課さざるを得ない。1376年の議会では愛妾アリス・ペラーズや侍従長・宮内府長官ら閣僚の弾劾・追放、および三年間の関税徴収などが決定された。

イングランドの民生は著しく疲弊していた。1348~1349年にヨーロッパ全土で猛威を振るった黒死病は、地域によって差があるが、イングランドでは概ね30パーセントから45パーセントの死亡率となり、その後も1361年、1369年、1375年と繰り返し襲来して、イングランドの農村を壊滅状態にした。労働力の著しい減少は、当然労働賃金の上昇や労働者の離散につながるが、これを恐れる大土地所有者の求めに応じて、1351年、労働者の移動の制限と賃金の凍結などを定めた労働市場を規制する法を制定した。

このような慢性的な財政問題を残して、1377年、エドワード3世が亡くなり、王太子エドワード(黒太子)も前年に亡くなっていたため、弱冠10歳で孫のリチャード2世が即位することになった。

人頭税の導入と庶民の不満

戦局は引き続き悪化の一途を辿っていた。1377年から1380年まで、フランス軍の攻勢の前にブルターニュの諸要塞が次々陥落し、アルフルールから撤退し、ナント攻略に失敗し、サン・マロの奪還は適わず、ボルドー防衛に苦心させられ・・・と、軍事行動はことごとく失敗した。それでも止めるに止められないのは諸侯の意見の大勢が戦争継続だったからである。彼らは戦功による報酬や身代金の獲得、略奪など戦争で得られるであろう利益を強く求めていた。

戦費徴収のため1377年、1379年と二度の人頭税が課され、1380年には三度目の人頭税が承認されたが、この際、『議会は、新しい人頭税の必要性に疑問を呈しただけでなく、非常に稀なことだが、この課税水準は「耐えられないもの」、すなわち人々が担うことのできる以上のものだと述べた。』(エドマンド・キング,294頁)

『第一回では十四歳以上の男女一人当たり四ペンス、第二回では十六歳以上の俗人男女に各人の経済力に応じてひとり四ペンスから十マルクまでが課された。第三回では十五歳以上の男女一人当たり一シリングが課され、一徴税区内一人一ポンド以内で富者が支払不能者の負担分を代納することが認められてはいたが、平均税率は第一回の三倍であり、第二回にもまして多数の脱税者がでた。』(城戸毅,379頁)

未曽有の疫病と飢饉で明日をも知れない苦しい生活、崩壊する共同体、少ない労働人口、低水準で抑えられた賃金、追い打ちをかけるかのごとき増税に次ぐ増税、にもかかわらず政府はそれを実りない対外戦争に湯水のごとく費消し続ける・・・議会が「耐えられないもの」と懸念する通り、民衆の怒りが爆発することになった。

農民反乱の勃発

1381年5月20日、ロンドン北東エセックス州ブレントウッドで民衆が領主館の記録を焼き払った事件が前触れで、5月30日、議員のジョン・バンプトンが現地に到着して調査を開始すると、6月2日、これに反発して民衆が納税拒否者裁判の陪審員三人を殺害し、農民一揆が始まった。同じころ、ケントのロチェスター城でも納税拒否者の解放を求めて農民が押し掛け、エセックスとケント両地域からロンドンへ向けて農民たちが向かい、各地からこの一揆集団に合流し始める。

反乱の指導者となったワット・タイラーの経歴は謎に包まれているが、従軍経験がある兵士だったという。彼とともに思想的指導者となったのがヨークの司祭だったジョン・ポールである。司祭を辞して各地を放浪し、『ゆくさきざきで支配層の腐敗堕落を指弾し、農民に立ち上がるようよびかけて歩いた。一三六〇年代に破門されたが、これに屈せず身分や階級の撤廃と富の共有を説き、一揆の直前には政府に拘留されてケントの監獄にいた』(379頁)という。

6月12日、一揆集団はグリニッジ近くのブラックヒースに到着し、史上名高いジョン・ポールの演説が行われた。

『アダムが耕しエバが紡いだとき、誰が貴族だったのか』

6月13日、ロンドンに入った一揆勢にロンドン市民も加わって修道院を襲撃し、重臣ジョン・オブ・ゴーントのサヴォイ宮殿を焼き払い、監獄が襲われて囚人が解放された。

『彼らは社会の変革を求め、全ての貴族制度の廃止を欲していたが、国王に対して不忠をなしているわけではなく、争いの相手は国王ではないと主張していた。それどころか、彼らは揃ってリチャードに対して忠誠を誓っていた。彼らが見るところ、リチャードは君側の奸に囲まれており、そこから直ちに救い出される必要があった。事態の核心には困難があり、必要とあらば国王に直接申し入れ、一筆ふるって事態を収束せしめるというのが彼らの意図するところであった。』(トレヴァー・ロイル,41頁)

リチャード2世とワット・タイラー

リチャード2世

リチャード2世

フロワサールの年代記よりリチャード2世とワット・タイラーの面会

リチャード2世とワット・タイラーの面会

弱冠十四歳の少年王リチャード2世は、この難局で目覚ましい判断力と勇気を示した。

6月14日、ロンドン塔を出たリチャード2世はロンドン市長サー・ウィリアム・ウォルワースを供にして農民反乱軍との面会に臨んだのである。

反乱軍は農奴制の廃止や自由契約、農民の移動の自由、農地の固定賃借料の制定などを求め、リチャード2世はこれらの条件を受け入れ、追って文書で確約した上で、反乱に参加した農民たちを罪に問わず、故郷に帰れるよう取り計らうことなどを約束して、両者は合意に至った。

ところが、事態は思わぬ方向に向かう。同じころ、暴発した民衆がロンドン塔を襲撃、人頭税施行の責任者だった尚書部長官カンタベリー大司教サイモン・サドベリー、大蔵卿サー・ロバート・ヘイルズらを捕らえ処刑した上で首級をロンドン橋で晒すという事件が起きていた。

6月15日、スミスフィールドでリチャード2世とワット・タイラーの会談が取り行われたが、紛糾した。ワット・タイラーは国王に礼を行わず対等の者として挨拶した上で、教会所有地の没収などより過大な要求を行ったという。両者の議論が平行線をたどる中、行動を起こしたのが後ろで控えていたサー・ウィリアム・ウォルワースである。ウォルワースは会談の場に馬で乗りこむと、ワット・タイラーを刺殺してしまった。同時代の年代記作家らが記録するところによれば、圧倒的多数の群衆が暴発して命の危険すらある中、動揺する群衆を前に、リチャード2世は馬上からこう言ったという。

『朕は諸君らの指導者だ。朕に続け』(トレヴァー・ロイル,44頁)

直後、武装兵が到着して群衆は解散させられた。

交渉は決裂、リチャード2世は融和から武断へ一気に転じる。七月二日、リチャード2世は6月14日の約束の撤回を宣言し、ジョン・ポールら首謀者が逮捕、処刑された。

十四歳の少年王は以後、有力諸侯の集団指導体制を解き、親政に乗り出す。彼が着手したのが百年戦争の終結であった。1389年のレウリンゲン休戦協定は以後更新され続け、1396年、二十八年間の長期休戦条約が締結された。彼の統治が続く限り、百年戦争は五十年で終わっているはずだった。主戦派諸侯を抑えるため、側近政治を行って王権の強化に乗り出し、有力諸侯の追放・粛清が繰り返される。一方、人頭税を始めとした諸課税は撤廃され、対フランス戦争という重荷が取り去られたことで、彼の治世を通して世情は安定していきつつあった。

ところが、1399年、追放されていた有力諸侯ヘンリ・ボリングブロク、後のヘンリ4世の反乱によって、彼は王位を追われ、三十二年の短い生涯を終える。彼は皮肉にも、専制的支配を敷いてプランタジネット王朝250年の歴史を終わらせた暴君として名を残すことになったが、近年ようやく再評価されてきている。その後、ヘンリ4世の簒奪によって苛烈な内戦が始まり、内戦終結後、後を継いだヘンリ5世は再びフランスへと牙を剥くのであった。

ヘンリ4世の簒奪~ランカスター朝の幕開けと内乱
プランタジネット朝からランカスター朝へ 百年戦争で勇名を馳せたイングランド王エドワード3世だが、1370年代になると征服地のことごとくを名将ベルトラン・デュ・ゲクラン率いるフランス王軍によって奪還され、愛妾アリス・ペラーズに溺れて政治に興...
ヘンリ5世~イングランド王歴代最高の名将の栄光と早すぎた死
幼少期のヘンリ5世 ヘンリ5世はウェールズ南東モンマス(Monmouth)で父ヘンリ・ボリングブロク(ヘンリ4世)、母ヘレフォード伯ハンフリーの娘メアリー・ドゥ・ブーンの間に生まれた。誕生地からヘンリ・オブ・モンマスと呼ばれる。生年月日に...

「ワット・タイラーの乱」の意義

中世ヨーロッパ世界で争議の原因となってきた身分制度・労働・地代・課税・公共圏・裁判などの諸問題が、疫病や戦乱などの危機的状況や経済的混乱、制度的限界を迎えたことで、十四世紀から十五世紀にかけて集中的、暴力的な農民反乱という形態で発生した。

『野心的な大衆運動は、その志を完全に実現することはできなかったが、段階的な変化の要因として、究極的な到達への道を支えた』(H,R,ロイン,376頁)

ワット・タイラーの乱は同時代のフランスでおきたジャックリーの乱(1358年)などとともに、中世後期を代表する農民反乱である。特に農奴制の廃止や労働権の保障、自由契約、特権身分の撤廃など、中世的な社会制度の根本的改革を求めた点で特筆される。

参考書籍

・青山吉信・飯島啓三・永井一郎・城戸毅編著『イギリス史〈1〉先史~中世 (世界歴史大系)』山川出版社,1991年)
・朝治 啓三,渡辺 節夫,加藤 玄 編著『中世英仏関係史 1066-1500:ノルマン征服から百年戦争終結まで』(創元社,2012年)
・森護著『英国王室史話』(大修館書店,1986年)
・世界史小辞典編集委員会 編『山川 世界史小辞典』(山川出版社, 2004年)
・エドマンド・キング著(吉武憲司監訳)『中世のイギリス』(慶應義塾大学出版会,2006年,原著1988年)
・トレヴァー・ロイル著(陶山昇平訳)『薔薇戦争新史』(彩流社,2014年,原著2009年)
・ヘンリー・R・ロイン編(魚住昌良監訳)『西洋中世史事典』東洋書林,1999年,原著1989年

タイトルとURLをコピーしました