スポンサーリンク

イングランド王妃エマ・オブ・ノルマンディーの遺骨が発見

ウィンチェスター大聖堂の納骨所にあった骨の中にアングロ・サクソン王朝時代のイングランド王妃エマ・オブ・ノルマンディのものがある可能性が高まったとBBCニュースが報じています。

'Queen's bones' found in cathedral chests
Six chests are thought to hold the remains of some of the early royal families of Wessex and England.

エマ・オブ・ノルマンディ(980頃~1052)はノルマンディー公リシャール1世の娘で、1002年、デーン人の侵攻に対抗してノルマンディー公の協力を得たいイングランド王エゼルレッド2世(在位979~1013,1014~16)の求めに応じて妃として迎えられます。結婚後、後のイングランド王エドワード証聖王(在位1042~66)を産み、1017年、イングランド王となったデーン人の王クヌート(在位1016~35)の求めに応じて再婚、デーン朝北海帝国(イングランド、デンマーク、ノルウェーの同君連合、1016~42)最後の王ハーデクヌーズ(在位1040~42)を産みました。

後にイングランドに侵攻してノルマン朝を創始するノルマンディー公ギヨーム2世(征服王ウィリアム1世、在位1066~87)の叔母にあたり、この縁戚関係がウィリアムによるイングランド王位請求理由のひとつでもありました。アングロ・サクソン王朝、デーン朝、ノルマン朝と三つのイングランド王家に深く関わる、いわばイングランド王家を創った女性であり、その遺骨の発見は非常に大きなニュースといえます。

十一世紀ノルマン朝成立までのイングランド王略系図

十一世紀ノルマン朝成立までのイングランド王略系図

記事によれば、1642年のイングランド内戦(清教徒革命)の際に大聖堂が荒らされ、安置されていた遺骨が混ざってしまい判別できなくなっていたとのこと。今回1300以上の骨が再構成されて調査が進んだ結果、エマ妃のものである可能性があると結論づけられました。彼女の棺には「イングランド王の母にして妻”mother and wife of the kings of the English”」と彫られているそうです。

さらに、23人分の遺骨があることがわかり、1050年から1150年までの間に亡くなった10~15歳ぐらいの王族の少年の遺骨が二体あることも明らかになりました。誰のものなのか今後調査が進められれるそうです。この時期に早逝したイングランド王族として可能性がありそうなのは、公認した庶子だけで二十人以上と多くの子がいたと言われるヘンリ1世(在位1100~35)の王子の誰かがまず思い浮かびます。なお、十五世紀薔薇戦争中に非業の死を遂げたエドワード5世と弟リチャードの可能性は記事中で否定されています。

ノルマンディー公国の歴史(911~1204年)
ノルマンディー公国の成立 ノルマン人の北フランス襲来は840年頃から始まり、北海にそそぐ主要河川の河口から内陸へと侵攻、856年から、パリ、シャルトル、エヴルーその他有力諸都市が次々と襲撃・...
エドワード証聖王の時代~アングロ・サクソン王権の再興と終焉
エドワード証聖王(” Edward the Confessor “、1003年頃生~1066年没)はウェセックス朝イングランド王(在位1042年6月8日~1066年1月5日)。父はイングランド王エセルレッド2世、母はノルマンディー公リシャー...
ノルマン朝(アングロ=ノルマン王国、1066~1154)の歴史まとめ
ノルマン朝は、1066年、フランス北東部ノルマンディ地方の領主ノルマンディー公ギヨーム2世がエドワード証聖王死後のイングランド王位を巡ってブリテン島に侵攻、ヘースティングズの戦いでハロルド2世を破りイングランド王ウィリアム1世として即位した...
征服王ウィリアム1世と「ノルマン人の征服(ノルマン・コンクエスト)」
ウィリアム1世(生没年1028-1087、ノルマンディー公在位1035-87、イングランド王在位1066-87)はノルマン朝初代のイングランド王。1035年、北フランスの有力諸侯ノルマンディー公を継承、1066年「ヘースティングズの戦い」で...
タイトルとURLをコピーしました