スポンサーリンク

トルコ南西部、古代カリアのギリシア都市を結ぶヘカテー神殿への「神聖な道」が発見

発掘されたストラトニケア=ラギナ間の「神聖な道」

発掘されたストラトニケア=ラギナ間の「神聖な道」
© Anadolu Agency

トルコ南西部、エーゲ海に面したムーラ県で紀元前ギリシア都市間を結ぶ宗教儀礼用の街道「神聖な道(Sacred Road)」が発掘され、大きな話題になっている。トルコのAnadolu Agency紙などが報じている。

以下のAnadolu Agencyの記事では発掘の様子などの動画も公開されている。

Turkey: Ancient 'Sacred Road' unearthed
UNESCO-listed, 3,000-year-old path shines through history - Anadolu Agency

発見されたムーラ県一帯は古代にはカリア(Caria)の名で知られる地域であった。カリアはヘロドトスの「歴史」やホメロスの「イーリアス」など古代ギリシアの文献にも頻繁に登場し、カリア人は精強さで知られた。ヘロドトス「歴史」によれば、エジプト第26王朝のファラオ・プサメティコス1世(前664~610年)の求めに応じて傭兵として王に従わない下エジプトの制圧に貢献したという。(巻2,152)

カリア一帯にはドーリア人やイオニア人のギリシア都市が多く築かれて地中海交易の中継地として栄え、ハリカルナッソスを始めとして、諸都市が発展した。その後、ペルシア帝国、アレクサンドロス大王のマケドニア、セレウコス朝、ペルガモン王国、ローマ帝国、ビザンツ帝国、そしてイスラーム諸王朝の支配下となった。このような歴史背景により、ムーラ県を含む古代カリア一帯は古代ギリシア時代からイスラーム時代まで多くの遺跡が残り、世界遺産の暫定リストにも登録されている。すでに暫定リスト入りしていることから、今回の発見により世界遺産本登録を期待する声もあるようだ。

カリアの地図

カリアの地図
© Caliniuc [CC BY-SA 4.0] / wikimedia commonsより

今回発見されたのは、古代都市のストラトニケア(StratoniceaまたはStratonikeia)とラギナ(Lagina)とを結ぶ道路で、調査チームによって石造りの道や、石柱、道路の出発口にあたるストラトニケアの北門、古代の墓などが発見されている。

ラギナには古代カリアの聖地である女神ヘカテーの神殿があり、当時ラギナはカリアの宗教的中心であったという。この道路はストラトニケアからラギナのヘカテー神殿へ、重要な宗教行事の儀式行列が進む儀礼用道路であったと、発掘チームを率いたパムッカレ大学(Pamukkale University)の考古学者ビラル・ソグット(Bilal Sogut)氏は述べている。

ソグット氏は「政治の中心であるストラトニケアと宗教の中心であるラギナを結ぶ最も重要な神聖な道である」とし、「古代には、ラギナの司祭らが、前部に鍵を持ち後部に聖歌隊を従えた少女とともに儀式に参加して神聖な道を歩き、北門を通ってストラトニカイアに入った」という。

また道路の近くから発見された墓について、ソグット氏によれば「神聖な道の近くに著名人を埋葬する風習があったようだ。二つの歴史的な都市の中で最も重要な遺跡の一つである埋葬地を復元する計画がある」。また、「神聖な道」についても、修復の上で地表に出して観光できるようにする意向を示している。

「神聖な道発掘の様子」

「神聖な道発掘の様子」
© Anadolu Agency

ストラトニケアは、紀元前三世紀、セレウコス朝第二代アンティオコス1世(?~紀元前261年)が築き、王母ストラトニケにちなんで名づけられた都市。ただし、彼によって都市が築かれる以前、紀元前千年紀の早期からすでにこの地には人々が居住しており、アンティオコス王は古い町の上に都市を築いた。その後ロードス島民の支配を経て、ローマ時代、主要都市として栄えた。現在では廃墟となっているが、1万人の観客を収容する大劇場やアウグストゥス神殿、ヘレニズム時代のギムナジウム(体育館)など多くの遺跡で知られる。

ストラトニケアのヘレニズム時代の体育館跡

「ストラトニケアのヘレニズム時代の体育館跡」
© Carole Raddato from FRANKFURT, Germany [CC BY-SA 2.0] / wikimedia commonsより

ラギナもセレウコス朝時代に築かれた都市だが、紀元前七世紀頃の墓地が残るなど古くから人々が居住していたと考えられている。セレウコス朝時代に都市が再建され、女神ヘカテーの神殿はカリアの宗教的中心として機能した。ストラトニケアとラギナを結ぶ全長11キロメートルの儀礼道路「神聖な道」と儀式の詳細は記録に残っていたが、今回の発掘によってその存在が明らかとなった。

「ラギナ・ヘカテー神殿跡」

「ラギナ・ヘカテー神殿跡」
© Carole Raddato from FRANKFURT, Germany [CC BY-SA 2.0 ] / wikimedia commonsより

スポンサーリンク

参考記事・文献

Turkey: Ancient ‘Sacred Road’ unearthed
3000-year-old Greek Processional ‘Sacred Road’ Discovered in Turkey
10 Hidden Ancient Treasures in Caria, Turkey
・ヘロドトス著(松平千秋訳)『歴史 上(岩波文庫)』(岩波書店、1971)
・ジョン・キャンプ, エリザベス・フィッシャー著(吉岡晶子訳)『図説 古代ギリシア』(東京書籍,2004年)

タイトルとURLをコピーしました