スポンサーリンク

インド南西部マイソールで湖が干上がりシヴァ神が乗る牡牛ナンディンの石像が発掘

牡牛ナンディン像発掘現場

牡牛ナンディン像発掘現場
© Star Of Mysore

インド南西部カルナータカ州マイソール県の中心都市マイスルから20キロメートルの位置にあるアラシネーカー村の干上がった湖底から、シヴァ神の乗り物として知られる牡牛ナンディンの石像1対が発掘された。

毎年、湖の水位が下がると石像の頭部が見えていたが、今年は湖の水が完全に干上がってしまったため、村人たちが重機を運び込んで発掘作業を開始し四日かけて7月14日(日曜日)までに対となる向かい合った状態の二体のナンディン像を掘り起こした。

発掘翌日の月曜日に専門家チームが到着して調査にあたり、考古学者M・L・ゴーダ氏によれば、この像の製作は16~17世紀、ヴィジャヤナガル王国後からマイソール王国時代にかけての時期にさかのぼると見られる。また、発掘された石像は一枚岩の石鹸石から彫られ、同じ大きさではなく、一つは長さ15フィート(約4.5メートル)、高さ12フィート(約3.5メートル)、もう一つはこれより小さめで、ゴーダ氏によると、像は未完成で、一方は85%、もう一方は60%完了しているだけだという。

また、発掘現場からはヒンドゥー教の神”Venkataramana Swamy” “Ayyappa Swamy”などの神像も発見されており、この地が歴史的に重要な場所であったとみられ、さらに地下に神殿などが埋まっている可能性も指摘されている。

現在、政府から発掘作業の中止が命じられており、像の保存などの措置が講じられることになる。また、あらためて周辺の正式な発掘調査を行うことが決定している。

Ancient statue of Lord Shiva’s bull Nandi found near Mysuru
Experts from the Department of Archeology, Museum and Heritage took a tour to the sport on Monday
Archaeology Dept. takes possession of Twin Nandis - Star of Mysore
Mysore: The two face-to-face giant Nandi statues, unearthed at Arasinakere in Jayapura hobli of Mysuru taluk, has finally caught the attention of the Archaeolog...
Mysore: Statue of ancient Lord Shiva's vehicle Nandi found in an excavation of dry lake, the crowd gathered
Mysore: Two statues of Nandi Bull riding hundreds of years old Lord Shiva from a dry lake near The district of Mysore in Karnataka have surfaced during exc... |...

タイトルとURLをコピーしました