スポンサーリンク

良心的兵役拒否を貫きナチスに抵抗した男の実話”A HIDDEN LIFE”予告編

第二次世界大戦下、ナチスに対し良心的兵役拒否を宣言して処刑されたオーストリア人フランツ・イエーガーシュテッターの実話を元にした映画”A HIDDEN LIFE”予告編が公開された。監督・脚本は「シン・レッド・ライン」「ツリー・オブ・ライフ」の名匠テレンス・マリック。

"A HIDDEN LIFE"

“A HIDDEN LIFE”
© Fox Searchlight

福者フランツ・イエーガーシュテッター(ドイツ語”Franz Jägerstätter”,1907~1943)はオーストリア・ザルツブルグ近郊の小さな村ザンクト・ラデグンド”Sankt Radegund”に生まれた農場主で、1938年、ナチス・ドイツがオーストリアに進駐すると、ナチスへの協力を拒否し、信仰上、人道上の理由から徴兵の命令にも抵抗して、1943年、斬首刑に処された。2007年、ローマ教皇ベネディクトゥス16世によって殉教者と認定され、あわせて列福された。

友人たちや教会までもがナチス支配へと傾く中で、自らの信条に則ってヒトラーへの忠誠を拒絶し、良心的兵役拒否を貫くイエーガーシュテッターの戦いと信仰そして家族愛が描かれる。

"A HIDDEN LIFE" © Fox Searchlight

“A HIDDEN LIFE”
© Fox Searchlight

監督・脚本はテレンス・マリック、音楽は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ダークナイト」「シックス・センス」のジェームズ・ニュートン・ハワードが務める。主人公フランツ・イエーガーシュテッター役には「マルクス・エンゲルス」でカール・マルクスを演じたアウグスト・ディール、妻フランツィスカ役はヴァレリー・パフナー、その他、マリア・シモン、トビアス・モレッティ、ブルーノ・ガンツらが出演する。

2019年5月の第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でワールドプレミアが行われ、ジャーナリスティックなテーマの作品に贈られるフランソワ・シャレ賞とキリスト教的な観点から「人間の内面を豊かに描いた作品」に贈られるエキュメニカル審査員賞を受賞した。

2019年12月13日全米公開予定。日本公開は未定となっている。

タイトルとURLをコピーしました