逗子の延命寺と延命寺遺跡、逗子の地名の由来

スポンサーリンク

京浜急行の終点新逗子駅近く、田越川沿いに黄雲山地蔵密院延命寺、通称逗子大師があります。境内は隣接する逗子幼稚園のグランドとしても使われ、子供たちの歓声が賑やかな地域に密着した寺院になっています。

厨子の延命寺

厨子の延命寺

由緒では天平年間(七二九年~七四九年)、行基が開創し、自作の延命地蔵菩薩像を安置したと伝わり、平安時代、弘法大師がこの寺を訪れて延命地蔵の厨子(ずし)を設置したことで、この地を逗子と呼ぶようになったという伝承が伝わっていますが、確かなことではありません。行基も弘法大師(空海)も日本中の小さな寺院まで創建伝説が残る人々で、その寺院の歴史に箔をつける目的で登場させられることが多く、この延命寺に実際に関っていたかどうかは不明です。

スポンサーリンク

逗子の地名の由来

逗子の地名の由来については、この弘法大師伝説由来のものの他、古語の辻子(づし)に由来する説もあります。辻子は横町、小路、横道などを指す当て字であり、特に室町時代から戦国期にかけて大河川沖積地の開発において“村の地域集落名”としてズシ(辻子、図子、厨子)が使われました。『その区域割には道、辻が重要な境界になっていた』ためです。弘法大師伝説に由来するものよりはこの辻子説の方が信憑性はかなり高いが、一方でズシを使っている地名で逗留する、留まるなどを意味する「逗」を当てているのは非常に珍しく、この「逗子」だけであるため、「辻子」説も決め手を欠き、逗子の地名の由来がどのようなものかは不明のままです。

逗子の地名由来説としては
(1)弘法大師による厨子由来説
(2)京都に多く見られる東西南北に通じる小路から転じて村落・集落を意味する辻子・図子由来説
(3)多摩川流域をはじめとする室町・戦国期の大河川に多い区域割としての辻を境界とした「ズシ」地名由来説
(4)新編風土記稿には「村ニ伝フル天正十八年北条氏ノ文書ニハ、『豆師』ト記ス、正保ノ改ニハ『豆子』ト載ス、北条氏ノ臣山中上野某、氏康ニ仕ヘ、三浦『厨子城』ヲ預リ、後氏康ノ命ニヨリ、美濃守氏規ノ家老トナルト、家譜ニ見ユ、『厨子』ノ唱ヘ同シケレハ、此地ノ事ナルヘシ」との記載を元にした説。(この山中上野某は氏規配下で三浦郡代を務めた山中康豊でしょうか。)

などがあり、いずれも決め手を欠いた状態となっています。(逗子市教育委員会編『逗子市内の地名調査報告書』P62より)

三浦道香主従の墓と北条氏

 

経緯は不明ですが鎌倉時代には三浦氏が延命寺の修復を行うなど祈願寺としていたといいます。永正九年(一五一二)、急速に勢力を伸ばしていた伊勢宗瑞(北条早雲)と三浦半島を支配下に治めていた三浦義同とが激突。義同が小田原城を攻めたのに対して早雲は岡崎城に軍を進め、義同は小田原攻めをあきらめて岡崎城に引くが北条軍の攻撃に現在の逗子マリーナ裏手にあった住吉城へと撤退、しかし北条軍の勢いが凄まじく、さらに新井城へと引くが、その撤退戦の最中、義同の弟三浦道香が戦死、道香の墓がここ延命寺の境内の一角に設けられています。この墓は道香家臣の菊池幸右衛門の手によるものです。

概ね北条氏以前の寺の上記のような記録についてはたしかなことはわからないのだが、『延命寺に残る「大般若経」にみえる奥書や識語などから考えると、総じて当寺が復興したのは、江戸中期から幕末にかけてのことと思われる』(「逗子市文化財調査報告書第五集」P9延命寺の寺史より)という。

明治五年の学生発布にともない逗子小学校が民家に開設され、明治十二年に正式に新校舎が建設されるが、明治七年から明治十二年までの間は延命寺が逗子小学校の校舎替わりだったという。明治二十九年、火災により鐘楼を除いて焼失、現在の本堂は昭和五十二年に新設されたもので、新本堂落成時に、逗子大師を公称するようになった。

その後三浦義同は北条氏によって滅亡させられますが、三浦氏滅亡後、延命寺はその北条氏に保護されていたといます。天文二〇年(一五五一)、北条氏の庇護下で僧侶朝賢によって中興させられました。ちょっと変わったものとして、天正十一年(一五八三)七月、北条氏規が延命寺に雨乞い祈祷を依頼し、無事雨が降ったので礼状を送ったという記録が残っています。(下山治久「戦国大名北条氏」P153)文禄三年(一五九四)の検地帳に田畑を、文禄一二年(一六九九)の検地帳に若干の除地(非課税の土地)を保有していた記録が残っています。

概ね北条氏以前の寺の上記のような記録についてはたしかなことはわからないのですが、『延命寺に残る「大般若経」にみえる奥書や識語などから考えると、総じて当寺が復興したのは、江戸中期から幕末にかけてのことと思われる』(「逗子市文化財調査報告書第五集」P9延命寺の寺史より)ということです。

明治五年の学生発布にともない逗子小学校が民家に開設され、明治十二年に正式に新校舎が建設されるますが、明治七年から明治十二年までの間は延命寺が逗子小学校の校舎替わりだったとのことです。明治二十九年、火災により鐘楼を除いて焼失、現在の本堂は昭和五十二年に新設されたもので、新本堂落成時に、逗子大師を公称するようになりました。

逗子弁財天

逗子弁財天

鐘楼

鐘楼

延命寺遺跡があった一帯

延命寺遺跡があった一帯

延命寺遺跡

2003年、延命寺正面一帯の発掘調査によって弥生時代から近世までの広い範囲に渡る遺物・遺構が発見されました。遺跡としては七世紀後半~十世紀にかけての時期と十五世紀後半~十九世紀にかけての時期の大きく二つの時期に分かれます。古くは弥生時代のものとみられる石斧、六世紀前半代の埴輪片が一点ずつ、七世紀後半から八世紀前葉の土器類、八世紀中葉~九世紀前葉には出土品が増加、土師器圷類・甕類・須恵器などがみられるようになり、九世紀中葉~十世紀初頭には土師器類のなかでも相模型圷に代わってロクロ土師器が増加、十世紀前葉以降、遺物類は僅少となるとのこと。また、八世紀中葉に入ると建物址の遺構が発見されています。この時期の遺物・遺構類を踏まえ、「延命寺遺跡発掘調査報告書」は以下のように総括しています。

「以上を総括すると、8世紀中葉から後葉にかけて2軒の掘立柱建物址が建立された本遺跡は、9世紀中葉から9世紀後葉ないし10世紀初頭の時期には地方業績に関連した公的施設を兼備した、相模国中央部よりは三浦半島独自の土器様相の影響を強く受けていた富豪層ないし村落首長層の居住施設の一角を占め、それは『沼浜郷』における中心的な機能をも果たすものであったろうが、10世紀第1四半期中にはその役割を終えたものと考えられる」(「延命寺遺跡(逗子市No.110)発掘調査報告書」P233)


大きな地図で見る
京急逗子線「新逗子駅」下車

「18世紀後半以降は集落における居住域から耕作地へと転換されていったようであるが、土地利用の内容が変わってもなお、地割の多くは生き続けたこととなる。」(「延命寺遺跡(逗子市No.110)発掘調査報告書」P234)

何でもない川沿いのお寺の門前が古代~中世には地方の行政機関を兼ねた富裕首長の屋敷として、江戸時代には集落から農耕地へと転じながら、その地割は明治時代まで残り続けているという、なんでもない景色のなかで千年以上にわたる変遷がうかがい知れる、とても面白い一帯ではないかと思います。おそらく、調べてみればみなさんが日々生活する身近な風景の中にも脈々と移ろいゆく歴史が潜んでいるかもしれませんね。

参考書籍・サイト
・「逗子」と言う地名(逗子市教育委員会編「逗子市内の地名調査報告書」P62)
・延命寺の寺史(「逗子市文化財調査報告書第五集」P9)
・東国歴史考古学研究所「延命寺遺跡(逗子市No.110)発掘調査報告書」
・「逗子 道の辺百史話」P8
・下山治久著「戦国大名北条氏―合戦・外交・領国支配の実像 (有隣新書73)
高野山真言宗 黄雲山 逗子大師 延命寺(公式ホームページ)


大きな地図で見る
京急逗子線「新逗子駅」下車

Kousyou

「Call of History ー歴史の呼び声ー」管理者。個人ブログはKousyoublog。英独仏関係史、欧州中世史、近世日本社会史、鎌倉幕府史などに興味があります。

Kousyouをフォローする
神奈川の史跡
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Call of History ー歴史の呼び声ー