ゲルマン人

スポンサーリンク
ヨーロッパ史

古ゲルマン社会の戦士共同体「従士制度」の概要まとめ

古ゲルマン社会の部族には王制と共和制のものがあり、前者は一名の王が、後者は複数の首長(プリンケプス)が指導的立場に立ち、世襲貴族の下に貴族の子弟や自営農民などからなる自由民、奴隷などの非自由民の諸身分が存在する社会を構成していた。 従...
ヨーロッパ史

タキトゥス『ゲルマーニア』の主な内容まとめ

『ゲルマーニア(" Germania ")』は古代ローマ帝国の歴史家・政治家だったプブリウス(またはガイウス)・コルネリウス・タキトゥス(" Publius (or Gaius) Cornelius Tacitus " 、55頃~120頃)...
ヨーロッパ史

中世前半期のゲルマン人部族法典と卑俗ローマ法の成立

476年、西ローマ帝国最後の皇帝ロムルス・アウグストゥルスが追放され、ゲルマン諸部族は支配体制が崩壊した旧帝国領土に次々とゲルマン諸国家を建国した。 しかし、彼らはローマ帝国から完全に独立した王国を築いたわけではなく、残った東ローマ皇...
ヨーロッパ史

古ゲルマン人部族社会の「民会(ディング)」についてまとめ

「民会(ディング,ドイツ語” Thing “)」は古ゲルマン人部族において意思決定を行った会議体。『武装能力を有する自由人男子が特定の期日に集まり、部族にとって重要な問題について協議した。』(シュルツェ,18頁)なお、歴史用語としては古代ギ...
スポンサーリンク