鎌倉の史跡

スポンサーリンク
史跡巡り

勝長寿院跡~鎌倉三大寺院の一つだった源氏の菩提寺

勝長寿院(しょうちょうじゅいん)は鎌倉大御堂ヶ谷(鎌倉市雪ノ下)に存在した、源頼朝が父義朝の菩提を弔うため建てた鶴岡八幡宮、永福寺と並ぶ鎌倉三大寺院の一つでした。別名大御堂、南御堂。以下、断りなければ参照ページ数表記は貫達人,川副 武胤 編...
史跡巡り

中世鎌倉の慈善活動の中心「極楽寺」

鎌倉を代表する古刹「霊鷲山感応院極楽寺」通称極楽寺です。境内は写真撮影禁止となっていますので、寺院の歴史やエピソードなど紹介だけ。 極楽寺の歴史 極楽寺がいつの創建か、またその経緯などははっきりとしていないため諸説あります。北条...
史跡巡り

「由比若宮(元八幡)」~源氏の崇敬を集めた鎌倉の原点

源氏の崇敬 康平六年(1063年)八月、前九年の役から凱旋した源頼義が鎌倉由比郷に石清水八幡宮を勧請したことに始まる神社です。永保元年(1082年)、後三年の役へ出陣の途上の源義家によって修復されています。治承四年(1180年)十...
史跡巡り

荏柄天神社~鶴岡八幡宮と並ぶ鎌倉屈指の古社

鎌倉屈指の古社です。社伝『相州鎌倉荏柄山天満宮縁起』によると、長治元年(1104)の創建で、治承4年(1180)、鎌倉に入った源頼朝は鶴岡八幡宮若宮を造営して屋敷を...
史跡巡り

理智光寺址と伝・護良親王墓

『鎌倉廃寺事典』によると、現在は廃寺となっている理智光寺は、願行上人憲静(1215~1295)開山と伝わることから十三世紀半ば以降に創建された、現在護良親王の墓がある谷地一帯を寺域とした寺院でした。開山当初から南北朝時代にかけては理智光院と...
史跡巡り

大倉法華堂跡(源頼朝の墓、北条義時の墓)と周辺

建久九年(一一九八)一二月二七日、源頼朝は相模川で行われた橋供養からの帰りに体調を崩し、翌建久一〇年(一一九九)一月一三日、五三年の生涯を閉じました。一説には落馬とも呼ばれるが確かではなく、その死因は不明とされています。頼朝は彼が政務を執っ...
史跡巡り

鎌倉の建長寺から天園ハイキングコースの見どころと歴史

建長寺の歴史 建長寺は執権北条時頼が宋から来日した蘭渓道隆(一二一三~七八)を開山として建長五年(一二五三)に開かれた禅寺で、正式名称を巨福山建長興国禅寺といい、鎌倉五山の第一位、百以上ある鎌倉の寺院の筆頭とされる、最も寺格の高い寺院です...
史跡巡り

北鎌倉の「松岡山東慶寺」

北鎌倉の梅の名所として知られる東慶寺です。 東慶寺の歴史と女性保護 東慶寺は正式には松岡山東慶総持禅寺といい、弘安八年(一二八五)、第八代執権北条時宗の妻覚山志道尼...
史跡巡り

鎌倉由比ガ浜通りの六地蔵

若宮大路と交差して鎌倉大仏がある長谷へと伸びる由比ガ浜通りを長谷方面へ歩くと、右手に六体の地蔵が見えてくる。現在地からすこし北に進んだ一帯はかつて刑場があり、長らく荒地となって飢渇畠(けかちばだけ)と呼ばれていた。そこで、罪人の霊を...
史跡巡り

鎌倉権力闘争の舞台となった比企谷の妙本寺

写真は2018年3月末撮影分にすべて差し替えています。 妙本寺の歴史 日蓮宗長興山妙本寺はかつて比企谷(ひきがや、ひきがやつ)と呼ばれた谷戸にある桜やカイドウをはじめと...
スポンサーリンク