フランク王国

スポンサーリンク
歴史ニュース

フランス南西部カオール市で七世紀メロヴィング朝時代の石棺と女性の遺骨が発見

フランス南西部、オクシタニー地域圏ロット県カオール市で、7世紀、メロヴィング朝フランク王国時代の高齢の女性の人骨が入った石棺が発見された。 石棺は2019年7月22日、カオール市のロット県議会の敷地で建設工事中に発見されたもの...
ヨーロッパ史

ピピン3世~カロリング朝の創始と「ピピンの寄進」

ピピン3世(小ピピン,”Pipin III”, 714年生~768年9月24日没)はカール・マルテルの子。メロヴィング朝の王キルデリク3世を廃し、自らフランク王位に就いてカロリング朝を創始した。754年、イタリアに遠征しランゴバルド王アイス...
ヨーロッパ史

中世ヨーロッパの異教伝承「マゴニアの空飛ぶ船と嵐を起こす者」

「マゴニアの空飛ぶ船と嵐を起こす者vs守護者」 中世ヨーロッパの庶民の間で信じられていた異教的な言い伝えに「嵐を起こす者」がある。 九世紀前半、フランス東南部リヨンの大司教アゴバルドゥス(769年生、在任816~840年)(...
ヨーロッパ史

中世ヨーロッパの「十分の一税」とは何か

十分の一税は中世ヨーロッパで教会の維持や聖職者の生計のために各教区の農民から生産物の十分の一を徴収した貢租のこと。 十分の一税の起源 十分の一税の起源は聖書の記述にあるイスラエル人の慣習に遡る。 『彼はアブラム...
ヨーロッパ史

カール・マルテルと見直される「トゥール・ポワティエ間の戦い」の意義

カール・マルテル(独:Karl Martell,英・仏:Charles Martel ,689年生~741年没)は父・ピピン2世(中ピピン)の死後フランク王国のアウストラシア、ネウストリア、ブルグント分王国の宮宰を兼ね、弱体化したメロヴィン...
ヨーロッパ史

古ゲルマン社会の戦士共同体「従士制度」の概要まとめ

古ゲルマン社会の部族には王制と共和制のものがあり、前者は一名の王が、後者は複数の首長(プリンケプス)が指導的立場に立ち、世襲貴族の下に貴族の子弟や自営農民などからなる自由民、奴隷などの非自由民の諸身分が存在する社会を構成していた。 従...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました