鎌倉時代

スポンサーリンク
NO IMAGE 日本中世史

鎌倉の地名の由来簡易まとめ

鎌倉の由来 「鎌倉」という地名の初出は和銅五年(七一二)成立「古事記」中巻景行天皇条にある「鎌倉の別」(相模国鎌倉郡鎌倉郷を支配した一族のこと)。承平年間(九三一~九三八)成立の「和名類聚抄」には「加末(万)久良」とあり、天平七年(七三五...
歴史アニメ

「アンゴルモア元寇合戦記」対馬の史跡を巡る次回予告動画を公開!

2018年7月より放送中の、蒙古襲来時の対馬を舞台にしたテレビアニメーション作品「アンゴルモア元寇合戦記」が、舞台となった対馬の史跡や自然を紹介しながら、次回予告を行う動画「「アンゴルモア元寇合戦記」を訪ねて」を公開しています。予告のナヴィ...
日本中世史(書籍)

「鎌倉を読み解く―中世都市の内と外」秋山哲雄 著

鎌倉幕府の成立が「イイクニ(1192)つくろう鎌倉幕府」ではなくなったという話は随分と広く知られるようになってきた。しかし、もう一つ鎌倉幕府の成立に関して、大きく見直されていることがあることはあまり知られていないのではないか。それは、「三方...
史跡巡り

大倉法華堂跡(源頼朝の墓、北条義時の墓)と周辺

建久九年(一一九八)一二月二七日、源頼朝は相模川で行われた橋供養からの帰りに体調を崩し、翌建久一〇年(一一九九)一月一三日、五三年の生涯を閉じました。一説には落馬とも呼ばれるが確かではなく、その死因は不明とされています。頼朝は彼が政務を執っ...
歴史ゲーム

モンゴル対馬侵攻軍と戦うPS4ゲーム「Ghost of Tsushima」トレーラー

「Ghost of Tsushima」(仮称)は、「怪盗スライ・クーパー」シリーズや「inFAMOUS」シリーズなど多数の作品を手掛けた米国の開発会社Sucker Punch Productionsによるオープンワールド型アクション...
史跡巡り

鎌倉の建長寺から天園ハイキングコースの見どころと歴史

建長寺の歴史 建長寺は執権北条時頼が宋から来日した蘭渓道隆(一二一三~七八)を開山として建長五年(一二五三)に開かれた禅寺で、正式名称を巨福山建長興国禅寺といい、鎌倉五山の第一位、百以上ある鎌倉の寺院の筆頭とされる、最も寺格の高い寺院です...
史跡巡り

衣笠城址と三浦氏の寺社を歩く

衣笠城址 衣笠城は平安時代後期から鎌倉時代にかけて三浦半島一帯を支配した三浦氏の本拠地とされてきた城です。平氏の流れを汲む武士村岡平太夫為通が、前九年の役(1051~62)で源頼義に従って功をあげ、1063年、三浦の地を与えられて三浦氏を...
史跡巡り

長柄桜山古墳群周辺と六代御前の墓

徳富蘆花碑と蘆花記念公園 明治三〇年、小説家徳富蘆花は赤坂から逗子に拠点を移し、田越川沿いの旅館柳屋に宿を取って、四年間ここで執筆活動を行いました。兄蘇峰が主宰する國民新...
史跡巡り

北鎌倉の「松岡山東慶寺」

北鎌倉の梅の名所として知られる東慶寺です。 東慶寺の歴史と女性保護 東慶寺は正式には松岡山東慶総持禅寺といい、弘安八年(一二八五)、第八代執権北条時宗の妻覚山志道尼...
NO IMAGE 日本中世史

十二世紀南九州の覇者「阿多忠景」について

元木泰雄編「保元・平治の乱と平氏の栄華 (中世の人物 京・鎌倉の時代編 第一巻)」で十二世紀に薩摩を中心に南九州一帯を支配した阿多忠景について詳しく書かれていて、名前はうっすら聞いたことがあるけど・・・程度の認識だったこともあって同書の『栗...
史跡巡り

鎌倉由比ガ浜通りの六地蔵

若宮大路と交差して鎌倉大仏がある長谷へと伸びる由比ガ浜通りを長谷方面へ歩くと、右手に六体の地蔵が見えてくる。現在地からすこし北に進んだ一帯はかつて刑場があり、長らく荒地となって飢渇畠(けかちばだけ)と呼ばれていた。そこで、罪人の霊を...
史跡巡り

鎌倉権力闘争の舞台となった比企谷の妙本寺

写真は2018年3月末撮影分にすべて差し替えています。 妙本寺の歴史 日蓮宗長興山妙本寺はかつて比企谷(ひきがや、ひきがやつ)と呼ばれた谷戸にある桜やカイドウをはじめと...
日本中世史(書籍)

「武士から王へ―お上の物語」本郷 和人 著

武士が台頭する一二世紀から江戸幕府が成立する一六世紀までの中世約五〇〇年の歴史を武士が王権を確立していく過程を通じて描く力作。とても面白い。 著者によると戦後の日本中世史研究は戦前の『天皇に忠貞であったか否かを絶対の尺度とする信仰にも...
日本中世史(書籍)

「葬式仏教の誕生-中世の仏教革命」松尾 剛次著

中国や韓国の仏教は日本ほど葬送にかかわることなく、葬儀は儒教や道教、シャーマニズム、あるいは無宗教的な手法で行われるのが常であるという。日本の仏教が葬式仏教として葬送儀礼に深く関与するようになったのはなぜか、本書ではその仏教革命ともいえる...
スポンサーリンク