大正時代

スポンサーリンク
史跡巡り

長柄桜山古墳群周辺と六代御前の墓

徳富蘆花碑と蘆花記念公園 明治三〇年、小説家徳富蘆花は赤坂から逗子に拠点を移し、田越川沿いの旅館柳屋に宿を取って、四年間ここで執筆活動を行いました。兄蘇峰が主宰する國民新...
日本近現代史(書籍)

「コレモ日本語アルカ?――異人のことばが生まれるとき」金水 敏 著

「さあ、のむよろしい。ながいきのくすりある。のむよろしい。」 映画、マンガ、アニメ、小説など創作において中国人のキャラクターが描かれるときに特徴的な言葉遣いがある。実際の中国人が使うことはない<アルヨことば>はどのように誕生してきたの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました