ヴァイキング

スポンサーリンク
歴史ニュース

スウェーデンのガムラ・ウプサラ遺跡で6~11世紀頃のヴァイキングの舟葬墓が発見

スウェーデンのウップランド地方ウプサラ県にあるガムラ・ウプサラ遺跡で、ヴァイキングの舟葬墓2基が発見された。2基のうち1基は無傷で、船尾に成人男性の遺骨が納められ、剣、槍、盾、美しい櫛などの副葬品とともに、馬と犬の遺骨も埋められてい...
ブリテン諸島史

英国史上屈指の名君アルフレッド大王(在位871~899年)の生涯

「アルフレッド大王( ” Alfred The Great ” 古英語 “Ælfrēd ”)」はウェセックス王エゼルウルフと王妃オズブルフの第四男として849年に生まれた。いずれも短命の在位となった三人の兄に続いて871年4月23日、ウェセ...
ブリテン諸島史

アングロ・サクソン七王国(ヘプターキー)の興亡

七王国時代の開幕 ブリトン人に代わってブリタニアの支配的勢力となったアングロ=サクソン諸族は六世紀から八世紀にかけて次々と王国を建国して互いに勢力争いをはじめた。この時代は有力な七つの王国――ケント(” Kent “)、エセックス(” E...
フランス史

ノルマンディ公国の歴史(911~1204年)

ノルマンディ公国の成立 ノルマン人の北フランス襲来は840年頃から始まり、北海にそそぐ主要河川の河口から内陸へと侵攻、856年から、パリ、シャルトル、エヴルーその他有力諸都市が次々と襲撃・略...
ブリテン諸島史

アングロ・サクソン系最後のイングランド王ハロルド2世

ハロルド2世(” Harold II ” 1022年?生~1066年10月14日没)は最後のアングロ・サクソン系イングランド王(在位1066年1月5日~10月14日)。ハロルド・ゴドウィンソン。クヌート大王の北海帝国時代から前王エドワード証...
ブリテン諸島史

ウェセックス王エグバート(在位802~839年)~イングランド王家の祖

七王国時代とマーシア王国の台頭 六世紀ごろからブリテン島に侵攻したアングロ=サクソン諸族はブリトン人との激しい戦いを経て支配的となり、六世紀から八世紀にかけて次々と王国を建国して互いに勢...
歴史サブカルチャー

「ヴィンランド・サガ」第一弾PV、新キーヴィジュ、キャスト公開

『ヴィンランド・サガ』(2019年放送開始予定)の第一弾PV映像、第二弾キーヴィジュアルが公開、第一弾キャスト、追加スタッフが発表されました。『ヴィンランド・サガ』は十一世紀初頭の北欧・北海沿岸地域を舞台に、当時ヨーロッパを...
ヨーロッパ史(書籍)

「ヴァイキングの経済学―略奪・贈与・交易」熊野 聡 著

ヴァイキングという言葉から連想される一般的なイメージは、欧州沿岸を容赦なく略奪してまわる北方の荒ぶる海賊たちだろう。角の生えた冑(かぶと)をかぶりロングシップ上で戦斧を振り回す赤ら顔の巨漢たち、おそらくは北方の社会からもあぶれた、ならず者の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました