「明治改元の詔(一世一元の詔)」原文(1868年)

スポンサーリンク

改元ノ詔

明治元年九月八日

詔體太乙而登位膺景命以改元詢聖代典型而萬世之標準也
朕雖否徳幸頼 祖宗之霊祇承鴻緒躬親萬機之政乃改元欲與海内億兆更始一新其改慶應四年爲明治元年自今以後革易𦾔世一世一元以爲永式主者施行

国立国会図書館デジタルコレクション『明治詔勅輯』(中村定吉 編、明治二十六年二月刊)より

書き下し文
改元の詔

明治元年九月八日

太乙を體して位に登り景命を膺けて以て元を改む。詢に聖代の典型にして萬世の標準なり。
朕、否徳と雖も幸に祖宗の霊に頼り祇みて鴻緒を承け躬萬機の政を親す。乃ち元を改めて海内の億兆と與に更始一新せんと欲す。其れ慶應四年を改めて明治元年と爲す。今より以後、旧制(𦾔世)を革易し一世一元を以て永式と爲す。主者施行せよ。

タイトルとURLをコピーしました