アケメネス朝ペルシア帝国の君主の一覧

アケメネス(ハカーマニシュ)朝ペルシア帝国の君主の一覧
代数 王名 在位期間 主な事績
1 キュロス2世(大王)
Cyrus II(Cyrus the Great)
前559-530年 建国者。メディアから独立しリュディア、新バビロニアを征服、「バビロン捕囚」を終わらせた。
2 カンビュセス2世
Cambyses II
前530-522年 エジプトを征服、ペルシア帝国の版図を確立した。
3 バルディヤ
Bardiya
前522年 ギリシア名スメルディス、前王死後王位を僭称したが反対派により排除された。
4 ダレイオス1世(大王)
Darius I(Darius the Great)
前522-486年 オリエント世界を征服、サトラプ制を敷き、新都ペルセポリスを建設。ギリシアへ侵攻しペルシア戦争を開始。
5 クセルクセス1世
Xerxes I
前486-465年 前王のギリシア遠征を継続するがサラミス海戦の敗北など失敗、権威が失墜し暗殺された
6 アルタクセルクセス1世
Artaxerxes I
前465-424年 アテネとカリアスの和約を締結。
7 クセルクセス2世
Xerxes II
前424-423年 アルタクセルクセス1世王の嫡子。前王死後の混乱でソグディアヌスにより暗殺
8 ソグディアヌス
Sogdianus
前424-423年 アルタクセルクセス1世王の非嫡出子。クセルクセス2世を暗殺して王になるがダレイオス2世派により暗殺
9 ダレイオス2世
Darius II
前423-404年 ソグディアヌスを暗殺して王位に就く。ペロポネソス戦争に介入した。
10 アルタクセルクセス2世
Artaxerxes II
前404-359年 エジプトの独立を許す。スパルタとアンタルキダスの和約を結ぶ。
11 アルタクセルクセス3世
Artaxerxes III
前359-338年 サトラプの反乱を鎮圧、エジプトを再征服。死因に暗殺説あり。
12 アルセス(アルタクセルクセス4世)
Arses(Artaxerxes IV)
前338-336年 前王の末子。父を暗殺したともいわれる。治世二年で暗殺された。
13 ダレイオス3世
Darius III
前336-330年 アルセスを暗殺して王位に就く。マケドニア王アレクサンドロス3世に敗北、家臣に暗殺され最後の王となった。

一覧は日本オリエント学会(2019)『古代オリエント事典 4 付録・索引』岩波書店の「王名一覧」および阿部拓児(2021)『アケメネス朝ペルシア 史上初の世界帝国』(中央公論新社、中公新書)参照。

参考文献

タイトルとURLをコピーしました