神奈川の史跡

スポンサーリンク
神奈川の史跡

逗子の延命寺と延命寺遺跡、逗子の地名の由来

京浜急行の終点新逗子駅近く、田越川沿いに黄雲山地蔵密院延命寺、通称逗子大師があります。境内は隣接する逗子幼稚園のグランドとしても使われ、子供たちの歓声が賑やかな地域に密着した寺院になっています。 由緒では天平年間(七二九年~七...
鎌倉の史跡

大倉法華堂跡(源頼朝の墓、北条義時の墓)と周辺

建久九年(一一九八)一二月二七日、源頼朝は相模川で行われた橋供養からの帰りに体調を崩し、翌建久一〇年(一一九九)一月一三日、五三年の生涯を閉じました。一説には落馬とも呼ばれるが確かではなく、その死因は不明とされています。頼朝は彼が政務を執っ...
鎌倉の史跡

巨福山建長寺と天園ハイキングコースを歩く

建長寺の歴史 建長寺は執権北条時頼が宋から来日した蘭渓道隆(一二一三~七八)を開山として建長五年(一二五三)に開かれた禅寺で、正式名称を巨福山建長興国禅寺といい、鎌倉五山の第一位、百以上ある鎌倉の寺院の筆頭とされる、最も寺格の高い寺院です...
神奈川の史跡

衣笠城址と三浦氏の寺社を歩く

衣笠城址 衣笠城は平安時代後期から鎌倉時代にかけて三浦半島一帯を支配した三浦氏の本拠地とされてきた城です。平氏の流れを汲む武士村岡平太夫為通が、前九年の役(1051~62)で源頼義に従って功をあげ、1063年、三浦の地を与えられて三浦氏を...
神奈川の史跡

長柄桜山古墳群周辺と六代御前の墓

徳富蘆花碑と蘆花記念公園 明治三〇年、小説家徳富蘆花は赤坂から逗子に拠点を移し、田越川沿いの旅館柳屋に宿を取って、四年間ここで執筆活動を行いました。兄蘇峰が主宰する國民新...
鎌倉の史跡

北鎌倉の「松岡山東慶寺」

北鎌倉の梅の名所として知られる東慶寺です。 東慶寺の歴史と女性保護 東慶寺は正式には松岡山東慶総持禅寺といい、弘安八年(一二八五)、第八代執権北条時宗の妻覚山志道尼...
鎌倉の史跡

鎌倉由比ガ浜通りの六地蔵

若宮大路と交差して鎌倉大仏がある長谷へと伸びる由比ガ浜通りを長谷方面へ歩くと、右手に六体の地蔵が見えてくる。現在地からすこし北に進んだ一帯はかつて刑場があり、長らく荒地となって飢渇畠(けかちばだけ)と呼ばれていた。そこで、罪人の霊を...
鎌倉の史跡

鎌倉権力闘争の舞台となった比企谷の妙本寺

写真は2018年3月末撮影分にすべて差し替えています。 妙本寺の歴史 日蓮宗長興山妙本寺はかつて比企谷(ひきがや、ひきがやつ)と呼ばれた谷戸にある桜やカイドウをはじめと...
スポンサーリンク