サイト運営資金援助のお願い

「Call of History ー歴史の呼び声ー」は歴史情報のポータルサイトを目指して、記事の更新を行っています。現状ではサイトを継続していくために皆様の支援が必要な状態となっています。よろしければ資金面や記事を更新する上での参考文献の支援をいただけると幸いです。

寄付・支援ページへ

歴史散歩

スポンサーリンク
ヨーロッパの城

チリンガム城”Chillingham Castle”~英国屈指の人気幽霊城の歴史

チリンガム城”Chillingham Castle”は、イングランドのノーサンバーランド州北部チリンガム村にある十三~十四世紀頃に築かれた城塞。幽霊伝説の城として有名で、心霊スポットとして人気となっている。 Social Medi...
ヨーロッパの城

ヘディンガム城” Hedingham Castle”~名門オックスフォード伯爵家500年の居城

ヘディンガム城” Hedingham Castle”はイングランド・エセックス州キャッスルヘディンガム村にあるノルマン式天守塔(キープ)を持つ中世城塞。オックスフォード伯位を世襲した名門ド・ヴィア家の居城として知られた。ヨーロッパ随一のノル...
ヨーロッパの城

ロチェスター城” Rochester Castle ”~中世イングランドにそびえる摩天楼

ロチェスター城” Rochester Castle”はイングランド・ケント州ロチェスター市に建つ中世城塞。イングランドで最も高い1127年築城の天守塔(キープ)はロチェスター大聖堂とともに同市の象徴として愛されている。2011年の映画「アイ...
スポンサーリンク
ヨーロッパの城

コルチェスター城~ローマ帝国の栄光を受け継ぐノルマン征服の象徴

コルチェスター城” Colchester Castle ”は英国エセックス州の主要都市コルチェスターにある中世の城塔。コルチェスター市にかつてあった古代ローマ属州時代の都カムロドゥヌムの遺構の資材を再利用して、イングランド王ウィリアム1世の...
ヨーロッパの城

ペヴェンジー城”Pevensey Castle”~イングランド沿岸防衛の要衝の歴史

ペヴェンジー城” Pevensey Castle”は英国イースト・サセックス州にある城址。古代ローマ時代の砦の遺構を利用して1067~70年頃にノルマン式の城が築かれ、1240~50年代に改築されて現在の城の構造が確立する。英仏海峡を臨む沿...
ヨーロッパの城

ダノター城”Dunnottar Castle”~スコットランドの美しき名城の歴史

ダノター城("Dunnottar Castle”)はスコットランド・アバディーンシャー州ストーンヘイヴンの海岸沿いにある切り立った岸壁上に建つ中世城塞。現在は廃城となっているが、遺構がよく残っており、その美しさから観光地として人気を博している。
ヨーロッパの城

ボディアム城~中世イングランド屈指の優美な水城

ボディアム城” Bodiam Castle”は1385年、イングランド王エドワード3世・リチャード2世に仕えた騎士エドワード・ダリングリッジによって現在のイースト・サセックス州ロバーツブリッジ近郊に築かれた中世城塞である。ロザー川から引かれ...
ヨーロッパの城

チェプストー城” Chepstow Castle “~ウェールズにある英国最古の石造城址

チェプストー城” Chepstow Castle “は英国ウェールズ地方モンマスシャー” Monmouthshire ”にある中世城塞。1067年、イングランド王ウィリアム1世の重臣ウィリアム・フィッツオズバーンによって築かれ、ウェールズ侵...
ヨーロッパの城

オファの防塁” Offa’s Dyke”~イングランド=ウェールズ境界の中世遺構

「オファの防塁” Offa's Dyke”」はブリテン島のワイ川河口からディー川河口まで、現在のイングランドとウェールズ地方との境界に沿って南北約240キロメートルのうち約132キロメートルに渡って築かれた中世の土塁の遺構である。八世紀後半...
ヨーロッパの城

ファレーズ城”Château de Falaise”~征服王の誕生からWW2の決戦まで

ファレーズ城" Château de Falaise "はフランス・ノルマンディー地域圏カルヴァドス県ファレーズ市にあるモット・アンド・ベイリー式の城塞。イングランド王ウィリアム1世の生誕地として知られ、「” Château Guillau...
ヨーロッパの城

シャトー・ディフ” Château d’If”~地中海に浮かぶ監獄城の歴史

シャトー・ディフ(” Château d'If”またはイフ城)はプロヴァンス地方の主要都市マルセイユ沖のイフ島にある十六世紀の城。1540年頃から1871年まで刑務所として使われ、アレクサンドル・デュマの冒険小説 「モンテ・クリスト伯」 の...
ヨーロッパの城

フジェール城” Château de Fougères”~フランス史を動かし続けた要衝

フジェール城(” Château de Fougères”)はフランス・ブルターニュ地方(現在のブルターニュ地域圏イル=エ=ヴィレーヌ県フジェール)にある城塞。ブルターニュ地方とノルマンディー地方の境界にあり、フランスの歴史上、ブルターニュ...
ヨーロッパの城

タラスコン城”Château de Tarascon”~プロヴァンス地方屈指の優美な名城

「タラスコン城"Château de Tarascon”」または「ルネ王の城” Château du Roi René”」(注1)はフランス・プロヴァンス地方(プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏)ブーシュ=デュ=ローヌ県アルル郡...
ヨーロッパの城

ヴィトレ城~トンガリ屋根が特徴的なフランス・ブルターニュ地方の中世城塞

ヴィトレ城(" Château de Vitré”)はフランスのブルターニュ地方(現在のブルターニュ地域圏イル=エ=ヴィレーヌ県ヴィトレ市)にある中世城塞。特徴的な屋根を持つ城塔・建物で知られ、公益財団法人日本城郭協会選「ヨーロッパ100名...
ヨーロッパの城

「アンジェ城」の歴史と収蔵品「黙示録のタペストリー」について

フランス・アンジュー地方ロワール川沿いにある中世城塞「アンジェ城」の歴史をまとめた記事。他のロワール渓谷の城とともに世界文化遺産に登録されている。同城収蔵の十四世紀に作られた「黙示録のタペストリー」についても解説。
ヨーロッパの城

ガイヤール城(シャトー=ガイヤール)~要害堅固な獅子心王の城の攻防

「ガイヤール城(” Château-Gaillard ” , シャトー=ガイヤール)」はフランスのノルマンディー地域圏ウール県レザンドリー(” Les Andelys”)にある城塞。イングランド王リチャード1世によって1196年から98年に...
ヨーロッパの城

ジゾール城” Château de Gisors”~テンプル騎士団隠し財宝伝説の城

「ジゾール城” Château de Gisors”」はノルマンディー地域圏ウール県にあるアングロ=ノルマン王国時代に築かれた城塞。1097年、イングランド王ウィリアム2世の命で築城された。1193年、フランス王フィリップ2世に占領されて以...
ヨーロッパの城

コニスバラ城” Conisbrough Castle ”~革新的な城塔を持つ中世ヨーク公の城

「コニスバラ城” Conisbrough Castle ”」は英国サウスヨークシャー州にある中世城塞。十一世紀、木造のモット・アンド・ベイリー式城塞が築かれ、十二世紀末に石造城塞として築城された。後にヨーク家の主要城塞の一つとなり、特に薔薇...
ヨーロッパの城

クーシー城” Château de Coucy ”~失われた中世欧州最大級の円形大城塔

「クーシー城(” Château de Coucy ”)」はフランス・ピカルディ地方オー=ド=フランス地域圏エーヌ県にある中世城塞の遺構。ヨーロッパ最大規模の城塔で知られたが、第一次大戦中の1917年3月27日、ドイツ軍によって破壊された。...
ヨーロッパの城

「ヘースティングズ城”Hastings Castle”」~ノルマン征服の橋頭堡

ヘースティングズ城(”Hastings Castle”)は英国イースト・サセックス州ヘースティングズにあった城。ノルマン・コンクエストに際し、後のイングランド王ウィリアム1世がブリテン島に最初に築いた城である。現在は廃城となり遺構の一部が残...
ヨーロッパの城

中世ヨーロッパの築城形式「モット・アンド・ベイリー式城塞」のまとめ

「モット・アンド・ベイリー式城塞(英語” Motte-and-bailey castle”,フランス語” Motte castrale”」は十世紀から十三世紀にかけて北フランスからブリテン島、さらにヨーロッパ各地に広まった築城形式。土・木製...
展覧会・イベント

2019年7月、アントニオ・サリエリ作品スカラ座へ凱旋、伝統のオペラ対決へ

世界有数のオペラ・バレエ劇場として名高いミラノ・スカラ座で2019年7月6日よりアントニオ・サリエリ作曲のオペラ「はじめは音楽、次に言葉” Prima la Musica e Poi le Parole”」が上演される。今回、異例のジャコモ...
史跡

勝長寿院跡~鎌倉三大寺院の一つだった源氏の菩提寺

勝長寿院(しょうちょうじゅいん)は鎌倉大御堂ヶ谷(鎌倉市雪ノ下)に存在した、源頼朝が父義朝の菩提を弔うため建てた鶴岡八幡宮、永福寺と並ぶ鎌倉三大寺院の一つでした。別名大御堂、南御堂。以下、断りなければ参照ページ数表記は貫達人,川副 武胤 編...
史跡

中世鎌倉の慈善活動の中心「極楽寺」

鎌倉を代表する古刹「霊鷲山感応院極楽寺」通称極楽寺です。境内は写真撮影禁止となっていますので、寺院の歴史やエピソードなど紹介だけ。 極楽寺の歴史 極楽寺がいつの創建か、またその経緯などははっきりとしていないため諸説あります。北条...
史跡

「由比若宮(元八幡)」~源氏の崇敬を集めた鎌倉の原点

源氏の崇敬 康平六年(1063年)八月、前九年の役から凱旋した源頼義が鎌倉由比郷に石清水八幡宮を勧請したことに始まる神社です。永保元年(1082年)、後三年の役へ出陣の途上の源義家によって修復されています。治承四年(1180年)十...
史跡

荏柄天神社~鶴岡八幡宮と並ぶ鎌倉屈指の古社

鎌倉屈指の古社です。社伝『相州鎌倉荏柄山天満宮縁起』によると、長治元年(1104)の創建で、治承4年(1180)、鎌倉に入った源頼朝は鶴岡八幡宮若宮を造営して屋敷を...
史跡

理智光寺址と伝・護良親王墓

『鎌倉廃寺事典』によると、現在は廃寺となっている理智光寺は、願行上人憲静(1215~1295)開山と伝わることから十三世紀半ば以降に創建された、現在護良親王の墓がある谷地一帯を寺域とした寺院でした。開山当初から南北朝時代にかけては理智光院と...
ヨーロッパの城

ドーヴァー城~英国防衛の象徴となった難攻不落の「イングランドへの鍵」

ドーヴァー城(Dover Castle)はケント州ドーヴァーのドーヴァー海峡を臨む海岸の岸壁上に建てられた城。「イングランドへの鍵(Key to England)」という異名を持つ。城の地盤となっている石灰岩の白壁はブリテン島の古名アルビオ...
史跡

中世鎌倉の幻想的な集団墓地「まんだら堂やぐら群」

鎌倉と逗子をつなぐ名越切通の途中に「まんだら堂やぐら群」という中世の集団墓地の遺構があります。遺構保存の目的で通常非公開ですが、毎年四月と十月ごろの年二回期間限定公開がなされており、これは2018年5月に訪れた時の写真です。 ...
ヨーロッパの城

シノン城~ヘンリ2世からジャンヌ・ダルクまで愛された王城

シノン城( フランス語"Forteresse royale de Chinon" 王家の要塞シノン城)はロワール川とその支流ヴィエンヌ川との合流地点を臨む高台に建つ古城である。ロワール川を東に上るとオルレアンや首都パリを擁するイル・ド・フラ...
史跡

逗子の延命寺と延命寺遺跡、逗子の地名の由来

京浜急行の終点新逗子駅近く、田越川沿いに黄雲山地蔵密院延命寺、通称逗子大師があります。境内は隣接する逗子幼稚園のグランドとしても使われ、子供たちの歓声が賑やかな地域に密着した寺院になっています。 由緒では天平年間(七二九年~七...
史跡

大倉法華堂跡(源頼朝の墓、北条義時の墓)と周辺

建久九年(一一九八)一二月二七日、源頼朝は相模川で行われた橋供養からの帰りに体調を崩し、翌建久一〇年(一一九九)一月一三日、五三年の生涯を閉じました。一説には落馬とも呼ばれるが確かではなく、その死因は不明とされています。頼朝は彼が政務を執っ...
史跡

鎌倉の建長寺から天園ハイキングコースの見どころと歴史

建長寺の歴史 建長寺は執権北条時頼が宋から来日した蘭渓道隆(一二一三~七八)を開山として建長五年(一二五三)に開かれた禅寺で、正式名称を巨福山建長興国禅寺といい、鎌倉五山の第一位、百以上ある鎌倉の寺院の筆頭とされる、最も寺格の高い寺院です...
ヨーロッパの城

フランスの主な城・城壁都市・宮殿まとめ

フランスの主な城郭・城壁都市・宮殿 城名 種別 築城年 築城者・関連人物 国・地域 備考 アヴィニョン宮殿 宮殿 1337 1516(再建) ベネディクトゥス12世(教) レオ10世(教) ...
史跡

衣笠城址と三浦氏の寺社を歩く

衣笠城址 衣笠城は平安時代後期から鎌倉時代にかけて三浦半島一帯を支配した三浦氏の本拠地とされてきた城です。平氏の流れを汲む武士村岡平太夫為通が、前九年の役(1051~62)で源頼義に従って功をあげ、1063年、三浦の地を与えられて三浦氏を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました